検索
  • Sho Kawasaki

【初診からのオンライン診療(電話を含む)】の解禁

厚生労働省から令和2年4月10日付で「新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等の時限的・特例的な取扱いについて」という事務連絡が出されました。


これまで【原則として初診は対面診療】とされていたオンライン診療について、初診からオンライン診療を行うことができるとした点が大きなトピックです。また、電話による診療についても、初診から認めるという内容になっています。


もちろん、対面診療と全く同じことができるというわけではありませんので、クリニック側も「オンライン診療の適切な実施に関する指針」と併せて、要件を理解しておく必要があるでしょう。クリニック側として留意すべき主なポイントをあげておきます。


【ポイント】

1)初診から電話や情報通信機器を用いた診療により診断や処方をする場合、214点を算定可能。

2)麻薬及び向精神薬の処方はできない。

3)診療録等により基礎疾患の情報が把握できない場合、処方日数は7日間が上限。

4)電話による診療の場合、保険証をファクスしてもらう、メール送信してもらう及び電話で保険証記載の事項を確認するという方法で、診察を行ってもよい。

5)患者は自己負担額の支払について、銀行振込、クレジットカード決済、その他電子決済等の支払方法を利用できる。

6)新型コロナウイルスの感染が収束して、今回の事務連絡が廃止された後に診療を継続する場合には、直接の対面診療が必要。


また、上記の診察を行った医療機関が薬局に処方箋をファクス等で送付し、薬局が患者に薬剤を配送するということも可能になります(一部例外あり)。


あくまで新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐための時限的な措置という位置づけですがが、通院による感染リスクを減らして診察・処方が受けられるというのは画期的だと思います。




29回の閲覧
お問い合わせ |​ TEL : 050-5433-6613
  • Facebook Social Icon

Copyrightc よつば総合法律事務所 All Rights Reserved.