検索
  • Sho Kawasaki

映画「コンテイジョン」を観ました。

未知の感染症が蔓延する様子を描いた「コンテイジョン」( スティーブン・ソダーバーグ監督)を観ました。


新型コロナウイルスの感染が拡大した現実世界と重なります(映画のウイルス、MEV-1の致死率は20%程度とかなり高い設定ですが)。


最初期の感染で妻子を失った男性役のマット・デイモンさん、CDC(疾病予防管理センター)の医師役のローレンス・フィッシュバーンさん(マトリックスのモーフィアス役で有名)、陰謀論者でデマを振りまくフリージャーナリスト役のジュード・ロウさんと、豪華な俳優陣の群像劇が見事です。


派手なアクションはありませんが、都市封鎖やデマ、暴動、強奪など、恐怖が人々を蝕む様子はリアルですね。人間自身が作り出した恐怖に、どのように立ち向かうかは永遠のテーマでしょう。




5回の閲覧
お問い合わせ |​ TEL : 050-5433-6613
  • Facebook Social Icon

Copyrightc よつば総合法律事務所 All Rights Reserved.