お問い合わせ |​ TEL : 050-5433-6613
  • Facebook Social Icon

Copyrightc よつば総合法律事務所 All Rights Reserved.

検索
  • Sho Kawasaki

ネーミングセンス


今日は全く業務と関係のない記事です。

最近「Official髭男dism」(オフィシャルヒゲダンディズム)というバンドの曲を聴いています。車を運転中にラジオで流れていて、一気にファンになったので。

ラジオで曲を聴いても、バンド名や曲名が印象に残らないと後で検索できないんですよね。

ラジオで「おふぃしゃるひげだんでぃずむ」と聞いた瞬間、一発で印象に残りました。

ついでに、バンド名には「髭の似合う歳になっても、誰もがワクワクするような音楽をこのメンバーで続けていきたい」という意思が込められているんだとか(オフィシャルHPより)。

バンド名を聞いて、リスナーに「ん?」って思わせた瞬間、このバンドの戦略勝ちなのでしょうね。

ちなみに私も、大学時代、バンドをやっていました(パートはベースでした。)。

いろいろなバンドが出るステージでは「バンド名」勝負だと思っていました。

「他のバンドは英語やカタカナで長い名前が多い、じゃあ、漢字1文字にしてしまえ。」

ということで、バンド名は「襖」(ふすま)でした。

リスナーの印象に残ったかどうかはわかりません(笑)


20回の閲覧