お問い合わせ |​ TEL : 050-5433-6613
  • Facebook Social Icon

Copyrightc よつば総合法律事務所 All Rights Reserved.

検索
  • Sho Kawasaki

オンライン診療の今後


情報通信機器の発達とともに「遠隔医療」(情報通信機器を活用した健康増進、医療に関する行為)の需要は高まっているといえるでしょう。

医師法20条は無診察診療を禁止していますが、厚生労働省は通達で、徐々に遠隔医療の範囲を拡大してきました。

平成30年にはオンライン診療(医師患者間において、情報通信機器を通して、患者の診療及び診断を行い、診断結果を伝達する等の診療行為をリアルタイムで行う行為)について、ガイドラインが策定されることになっています。

ガイドラインに規定された事項を順守している限り、医師法20条には抵触しないということになります。

現時点では以下の内容が規定される見込みです。 ・初診は原則として対面診療が必要。 ・オンライン診療における「診療計画」の策定が必要。 ・オンライン診療をおこなう医師は、医療機関に所属していることが必要。 ・特定多数人にオンライン診療を提供する場合には診療所の届出が必要。

今後もガイドラインの策定を注視していく必要がありそうです。

なお、今回のガイドラインでは「遠隔医療相談」(医師患者間において、情報通信機器を活用して得られた情報のやり取りをおこなうが、一般的な情報の提供にとどまり、診断等の意思の医学的判断を伴わない行為)については、対象外とされており、この点についても、厚労省の指針等が待たれます。


18回の閲覧