検索
  • Sho Kawasaki

個別指導のその後


保険医療機関に対する厚生局の個別指導が終了すると、後日、書面で指導結果の通知がされます。

「指導事項なし」であれば、特に対応する必要はありませんが、「指導事項なし」とされることは極めてまれなケースです。指導事項があれば、「改善報告書」の提出を求められます(場合によっては返還金の支払いを求められることもあります。)。

当事務所では、個別指導の通知が届いてから改善報告書の提出等まで「個別指導帯同プラン」として対応しています。個別指導実施通知が届いたら、まずはご相談ください。

と、ここまでが個別指導の流れですが、重要なのは「個別指導のその後」です。

高点数を理由として個別指導の対象に選定されたのであれば、高点数の状況を改善する必要があります(ほとんどの事案が高点数を理由として個別指導が実施されていると思います。)。

厚生局側は個別指導後も当然こちらのレセプト請求をトレースしているでしょう。

再び高点数を理由に個別指導ということになれば、厳しい状況になりかねません。

レセプト1枚あたりの点数を減らしつつ、いかにクリニック経営を成り立たせるかという問題に直面することになります。

クリニック運営に対するアドバイスも顧問契約で承っております。

お気軽にご相談ください。


0回の閲覧
お問い合わせ |​ TEL : 050-5433-6613
  • Facebook Social Icon

Copyrightc よつば総合法律事務所 All Rights Reserved.