コロナ禍と個別指導(新規指導)

厚生労働省保険局医療課医療指導監査室は、令和2年7月2日、事務連絡「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言解除に伴う指導・監査等の取扱いについて」において、概要、下記のとおり、コロナ禍における個別指導の在り方について、見解を示しました。


(概要)

・集団的個別指導については中止。

・個別指導、監査は原則実施(ただし、病院に対しては緊急を要する場合のみとし、実施する場合も病院外で行う 。)

・実施に当たっては、十分な飛沫感染対策及び接触感染対策を講じ、会場についてはいわゆる「三密」とならない環境を確保するとともに、職員の健康管理を徹底すること。また、必要に応じて指導時間の短縮等を考慮すること。


個別指導(新規個別指導)については、時間を短縮するなどの措置がとられる可能性はあるものの、引き続き実施するとの見解です(新規個別指導を最近受けたという事例も、ちらほら聞かれています。)。


コロナ禍の対応等が増加し、カルテの記載やレセプト請求時の誤りが増えることも予想されます。

当局の姿勢はあくまで「カルテに記載のないものは、保険請求できない」というものです。各種加算の請求においては、カルテ記載が必須となるものが多いです。今一度、カルテに十分な記載があるかを確認していただけると個別指導(新規指導)時のリスクを抑えられると思います。


ご不明な点や、個別指導の実施通知が届いた場合は、お気軽にご相談ください。




特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
お問い合わせ |​ TEL : 050-5433-6613
  • Facebook Social Icon

Copyrightc よつば総合法律事務所 All Rights Reserved.