予防接種の副反応による健康被害の責任の所在は?

週刊『医事新報』に予防接種の副反応による健康被害の責任の所在は?」という記事を寄稿しました。

https://www.jmedj.co.jp/premium/ieye/data/kawasakisho/


コロナワクチンの接種が進んでいますが、他のワクチンと同じく副反応による影響を完全に無視することはできないでしょう。

接種に協力する医療機関や医師からは「副反応で健康被害が生じた場合、接種したり問診したりした医療関係者は責任を負わなければいけないのか」という質問が寄せられることがあります。


結論から申し上げると、原則として医療機関や医療従事者が責任を負うことはありません。


副反応による健康被害であると認定されると、予防接種法に基づき、市町村が責任を負うことになるためです。ワクチン接種を促進しつつ、健康被害に対する救済を行うというのが予防接種法の趣旨になっています。




特集記事
最新記事