人工妊娠中絶と同意

令和2年10月20日付で、厚生労働省から『「母体保護法の施行について」の一部改正について(通知)』と題する通知が出されました。

https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T201022N0010.pdf


人工妊娠中絶について「強制性交の加害者の同意を求める趣旨ではない」という点を明確化したものです。


ただ、「本号に該当しない者が、この規定により安易に人工妊娠中絶を行うことがないよう留意されたいこと。」と記載されている点には、やや懸念が残ります。


医療機関側には、患者からの説明以上の調査能力があるわけではありません。

医療機関側に「強制性交によるものではないということを調査するまでの義務はない」ということを明確化する必要があると感じています(そもそも、通常の人工妊娠中絶であっても、男性側の同意を不要とする立法論もありうるのではないでしょうか)。


いずれにしても、カルテに患者からの聴取事項や状況を記載しておくということが重要になると思います。




特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
お問い合わせ |​ TEL : 050-5433-6613
  • Facebook Social Icon

Copyrightc よつば総合法律事務所 All Rights Reserved.