顧問先で「クレーム対応研修」を行いました

先日、顧問先クリニックからのご要望をいただいて、クリニックのスタッフ向けに「クレーム対応に関する研修」をさせていただきました(約40分程度)。


事前にマニュアルを作成し、対応マニュアルの説明を行いつつ、現状生じている個々の事例について、質疑応答を行いました。皆さん、非常に意識が高く、たくさんのご質問をいただきました(クリニックのお昼休みにお伺いしたのですが、午後の開始ギリギリになってしまいました汗)。


医療機関特有の問題としては、

1)応招義務との関係で、具体的にどのような場合に診療を断っていいのかがわからない。

2)無診察での処方は違法であることは承知しているが、具体的にどのような場合に断ればいいのかがわからない(高齢や障害によって通院できないケース、症状に変更がないケース、新型コロナウイルス感染症を気にして来院したくないというケースなど)。

という点が特徴的です。


私自身、理事をしている皮膚科クリニックで約1年ほど、実際に受付業務、レセプト請求業務をしていたので、現場でどのような対応が必要になるのかについて、かなり勉強をさせてもらいました。


そして、なによりも重要なのは、クレームの対応を行っているスタッフを「顧問弁護士を含めたクリニック全体で守る」ということです。

安心してスタッフの皆様に、業務にあたってもらえるよう、今後も迅速かつ適切なリーガルサービスを提供していきたいと思います。


クレーム対応研修についても、随時受け付けております。

クリニックの実情に応じた対応策をお伝えしたいと思います。お気軽にお問合せ下さい。



特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
お問い合わせ |​ TEL : 050-5433-6613
  • Facebook Social Icon

Copyrightc よつば総合法律事務所 All Rights Reserved.